スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Churches in Motomachi/元町の教会群

Hakodate is one of the most famous domestic tourist sites. One of its attractions is a district called Western Area with churches. There are three different churches in an area of five minute-walk. They are Russian Orthodox Church, Anglican Church and Motomachi Catholic Church. How many tourists notice this rareness? There is no other part like here. Most tourists coming to Hakodate visit this area to feel exoticism of the city visiting those churches one after another and enjoy three different appearances. However, once you know the historical background, your visit will be more rewarding and fascinating.
churches in Motomachi

Here we want to review the history of Christianity. Christianity began with the birth of Jesus Christ. Christian Era, or Western calendar puts its starting point on the Jesus’ birth year. We are in 2006 now and it means 2006 years have passed since Jesus was born. Jesus taught love for friends and spread his idea that god saves all people. After his death, his thought was spread by the apostles such as John and Paul. The thought was called Catholic, which means universal. Catholic teachings are taught through churches. This is a notable character of Catholicism. Its leader is the Pope. Imagine the literacy rate of ordinary people from the birth of Jesus to the medieval era, or to the 15th or 16th centuries. The rate shouldn’t be so high. That is, churches were the sole media to know the teaching of Jesus. People had to rely on people who studied theology. It also means the concentration of power. Gaining power, Catholic churches gained money, too. Consequently, it ended in corruption. When the Pope’s power was at its peak, any kings couldn’t match him.

Churches’ corruption was followed by reform. Luther was one of the first reformers. He aroused controversy saying “All Jesus said was written in the Bible. But look at what churches are teaching and doing!” This was the beginning of the Reformation. Japanese schools teach students to call catholic as Old Religion and newly formed religions as New Religion after the Reformation. The New Religion means three religions; Lutheranism, Calvinism and Anglicanism.
Lutherans are people who follows the teachings of Luther, while Calvinists are people who follows the teachings of Calvin. Then, what is Anglicanism?

Anglicanism was established by an English king, Henry VIII and the establishment was related to his divorce with his wife. He was a catholic at first. In Catholicism, marriage is one of the important rituals. The king wanted to have a son as his successor. He might say, “Present wife doesn’t have a boy baby. I divorce myself from present wife and get married with another!” He asked the Pope for permission, but the Pope didn’t give permission. The king exploded in anger and broke off relations with the Roman Catholic Church. Then he declared all the Catholic churches in England, “The leader of you is no longer the Pope but me, the king of England.” This is the beginning of Anglicanism.

The Reformation divided Christianity into two big streams. One is Old Religion and the other is New Religion. However, there was another separation before the Reformation. It was a divergence between the Catholic Church and the Eastern Orthodox Church.

Teachings of Jesus Christ was spread by his disciples. Remember the time when Christ was born. It was Roman period. At that time, Roman empire dominated the territory that covered the Mediterranean Sea and almost whole land of Europe. At first, the teaching of Jesus was unacceptable for Roman emperors and Christians were persecuted by the emperors such as Nero. However, the number of Christians increased more and more. Finally an emperor decided to make Christianity the state religion and used it to dominate the empire. Later the empire established five large churches as headquarters. Two of them were counterparts of the first big separation of Christianity. They are the one in Rome in the West and the other in Istanbul in the East.

The first separation related to the divsion of the Roman Empire. Too large territory is difficult to rule over. The emperor Theodosium, who decided Christianity the state religion, gave his two son the land divided into two. They were Western and Eastern Roman Empires. Rome was located in the land of Western empire and Istanbul was in Eastern one.

Soon after the division of the Roman Empire, the Western empire fell. Because of the Migration. Germans and other tribes moved into the Imperial territory. Churches in the territory of the Western Roman Empire lost patronage of the emperor, but they found another way. It was teaching of Christianity to Germans. Churches in the lost Western Roman territory used statues to teach Germans. Because the Germans originally worshiped those statues of gods, churches took advantage of using their habit.

By the way, do you know the movie whose title is “Ten Commandments”? It filmed the Exodus of Moses. He received ten commandments from God. One among them prohibits the worship of idols. Christianity as well as Islam prohibits to worship any idols of god.

Churches left in the lost Western Imperial territory ignored(?) the commandment and used statues of god in teaching Christianity to survive. It was Churches in the Eastern Roman Empire that were surprised at the movement. “Oh, no! What are you doing? No way!” Churches in the east criticized the ones in west. It caused the division of Christian church. Churches in the Eastern Roman Empire came to be called the Eastern Orthodox Church. The Eastern Roman Empire succeeded Greek culture and it came to be called the Byzantine Empire. It lasted until the mid 15th century with its capital in Istanbul. This empire was fallen by Osmanli Turks, an Islamic country. Later, the Eastern Orthodox was succeeded to a Russian Emperor who got married to a sister of the Byzantine emperor.

In Hakodate, there are Motomachi Catholic Church, Anglican church and Russian Orthodox Church. They are historically different from each other but in this city they are located in vicinity really. Why don’t you visit these churches thinking about mentioned history of Christianity?

By the way, the Russian Orthodox Church which is descended from the Eastern Orthodox Church has no statues of god inside. Instead, there are tableaus called ikon and they are used to teach the thought of Jesus. Look at those pictures carefully. You can find Chinese characters on the surface. One of them says “Image of Mary” but the letters are somewhat strange for the Japanese. Those ikons and Chinese characters seems to have been drawn by Russian artists. It was because to teach Christianity to Japanese. It may be a feature when you visit there.

函館は国内有数の観光地で、その目玉の一つが西部地区にある教会群です。ハリストス正教会、聖ヨハネ教会、元町カトリック教会という三つの教会が歩いて5分以内の範囲にあります。実はこれ、非常に珍しいことです。たいていの日本人観光客にしてみれば、それぞれ趣きを異にする外国風の教会が近い距離に3つもあって素敵、で終わってしまいますが、キリスト教の歴史をちょっと勉強すると、「え、ちょっとこれってすごいんじゃない?!」と興奮してしまう状況です。

ちょっとキリスト教の歴史を振り返ってみましょう。まず、キリスト教はイエス・キリストが誕生したことから始まります。西洋の暦、西暦はキリストが生まれた年を起点としています。今年は2006年なので、キリストが生まれてから2006年目ということです。キリストは隣人愛を唱え、神は全ての人を救うという教えを広めました。その死後、キリストの教えはヨハネやパウロといった使徒たちによって広まっていきます。そのキリストの教えは「カトリック(普遍的なもの)」として広まって行きます。カトリックの特徴としては、教会をキリストの教えのよりどころとしている点にあります。その頂点はローマ教皇(法皇ともいいます。)です。キリストが生まれてから中世(およそ15,6世紀くらいと思ってください。)にいたるまで、大多数を占める下々一般の識字率を考えると、そうたいして高かったとは思えません。つまり、キリストの教えを知るにはそれを勉強した人たちのいる教会に頼らざるをえない状況でした。そのため、教会に力が集中していきます。力が集まるとお金も集まり、その結果どうなるかというと腐敗です。カトリックの頂点を極める教皇の権力が絶頂の時は、諸国の王様もまったくかなわないといった状況でした。

腐敗の次にきたのは何かというと、改革です。まず、ルターという人が現れて、「キリストの教えは聖書に全て書いてあるのに、教会がやっていることは何だ!」と物議を醸しました。世に言う宗教改革の始まりです。この宗教改革を境に、カトリックは旧教、宗教改革によって生まれた諸派を新教(プロテスタント)というようになりました。この新教には大きく分けて3つあります。ルター派、カルヴァン派、そしてイギリス国教会です。ルター派はルターという人が唱えた考えを信じる人たち、カルヴァン派はカルヴァンの唱える考えを信じる人たちです。では、イギリス国教会とは何でしょう。

イギリス国教会の成立のきっかけはイギリス王、ヘンリ8世の離婚問題にあります。ヘンリ8世はもともとはカトリック教徒でした。カトリックで結婚は大切な儀式の一つです。ヘンリ8世は世継ぎの息子が欲しくて、「今の嫁は王子を産まん、離婚だ!そして別の嫁をもらうぞ!」とその許可を教皇に求めました。しかし教皇はそれを許しません。そこで、ぷっつりきれたヘンリ8世は、カトリック教会と絶交します。そしてイギリス国内にあるカトリック教会に命じました。「おまえたちのトップはもう教皇ではない。イギリス国王の自分だ!」と。これがイギリス国教会の始まりです。

宗教改革によってキリスト教は旧教と新教というように大きく分けられました。が、その前にも大きな分岐がありました。カトリックと東方教会です。

キリスト教はイエス・キリストの死後、使徒とよばれる弟子によって広まっていきましたが、そもそもイエス・キリストが生まれた時代はローマ時代です。ローマ帝国はそのころ地中海一帯、ヨーロッパのほぼ全土を領土としていました。最初、キリストの教えはローマ皇帝にとっては都合が悪かったのでキリスト教徒はネロ等の皇帝から迫害を受けました。しかし、キリスト教徒の数はどんどん増えていくばかりなので、最終的にローマ皇帝はキリスト教を国の宗教として、帝国に支配に利用することにしました。そして5本山という5つの大きな教会をキリスト教の拠点としました。その中の2つがキリスト教最初の大きな分岐の拠点となります。西のローマと東のイスタンブールです。

大きな分岐のきっかけにはローマ帝国の分裂も関係しています。大きくなりすぎた領土は納めにくいので、皇帝テオドシウスは2子に帝国を2分してわけあたえました。それが西ローマ帝国と東ローマ帝国です。ローマは西ローマ帝国内に、イスタンブールは東ローマ帝国内に位置します。

ローマ帝国が東西に分かれてまもなく、西ローマ帝国は滅びてしまいます。ゲルマン民族が帝国領内に入り込んだためです。西ローマ帝国内に残された教会は、西ローマ皇帝の保護を失ったことになります。が、新たな道を発見しました。ゲルマン人にキリスト教を広めるのです。旧西ローマ帝国内の教会は、ゲルマン人達にキリスト教を広めるために聖像を用いました。ゲルマンの人たちはもともとそういう神の像を信仰していので、信仰対象をわかりやすくするために使いました。

ところで、十戒という映画をご存じでしょうか。モーゼの出エジプトという出来事を映画化したものです。そこで、十の戒めを神から授かるのですが、その中には「偶像を崇拝しないこと」という戒めがあります。キリスト教もイスラム教同様、神の形をかたどった物をあがめ奉ることを禁じているのです。

旧西ローマ帝国領に残された教会は生き残りの為にそれを無視して聖像を利用してキリストの教えを広めました。それを見て驚いたのは東ローマ帝国の教会です。「おい、ダメじゃん、そんなことしたら!」と批判したのがもとで、教会も東西に分裂です。東ローマ帝国内の教会は東方教会といわれるようになります。東ローマ帝国はギリシア文化を引き継ぎ、名前もビザンツ帝国と変えて15世紀半ばまでイスタンブールを都に存在し続けました。その帝国もイスラム教国のオスマン=トルコに滅ぼされてしまいます。その後東方教会はビザンツ皇帝の妹を妃としたロシア皇帝へと引き継がれていきます。

函館には元町カトリック教会、イギリス国教会の聖ヨハネ教会、東方教会の流れをくむロシア正教のハリストス正教会という質の違う教会があり、非常に近しい位置にならんでいるのです。そんな歴史に思いを馳せて教会を巡ってみてはいかがでしょうか。

ちなみに聖像崇拝を批判した東方教会の流れをくむハリストス正教会には、神をかたどった像はありません。かわりに、イコンとよばれる絵画がキリストの教えを伝えるのに使われています。また、その絵をよーくみると、あやしげな漢字で「聖母像」といった説明も加えられています。日本人にキリスト教とはなにかを教えるために、ロシア人のイコン画家が見よう見まねで漢字を書き写したようです。そんな所も見所の一つになるかもしれませんね。
スポンサーサイト

Tag : Church

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。