スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Whale Monument/鯨族供養塔

Whale monument

At the end of the year and during the New Year holidays, in southern part of Hokkaido including Hakodate, some families prepare whale soup. It consists of chopped blubber and various vegetables. It's one of the seasonal specialties here.

This whale monument was built in 1957 by 83 year-old Tasuke Amano with support of five whaling companies. Tasuke Amano worked as a captain and a harpooner of a whaler. For 26 years of his fisherman's life, he killed more than two thousand whales. Among numerous whales he caught, there were some parents and kids. As he spent his retirement and went through his family loss, he came to feel sorry more and more for whales. He finally decided to build this monument to console the souls of whales.

The figure placed on top models a right whale, which was then exposed a risk of extinction.

年末年始になると、函館を含む北海道の南部ではくじら汁を用意する家庭があります。小さく切った脂身と色々な野菜が入ったもので、この地方の旬の名物でもあります。

この鯨族供養塔は1957年に捕鯨会社5社の協力もあって、83歳の天野太助翁によって立てられました。天野太助は捕鯨船の船長兼捕鯨砲手でした。26年の漁師生活において、彼が捕獲した鯨は2千以上。その数多くの鯨の中には親子の鯨もいました。引退して彼自身も家族を亡くし、しだいに鯨に対するすまないという思いを強くしていきました。ついに彼はこの供養塔を鯨の魂を慰めるために建てることを決心しました。

上に据えられた像は当時絶滅の危機にあったセミクジラです。
スポンサーサイト

Tag : Monument

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。