スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ishikawa Takuboku, a poet who loved Hakodate/石川啄木・函館を愛した詩人

I work harder and harder
But my life never be better off
I just stare at my hands

This poem is the most impressive for me among the ones of Ishikawa Takuboku(1886-1912). It moves me because the poem tells me how his life is hard even though he does his best.My image of the poet Ishikawa Takuboku is this poem. He spent his life in poverty supporting his family and dies young. He passed away when he was 26  because of tuberculosis. But here in Hakodate, he could spend a marvelous time though it was only 132 days.

Amateurs in Hakodate welcomed Takuboku so well and after he left Hakodate, he sent a letter to his friends in Hakodate saying "I want to die in Hakodate." After he passed away, his friends in Hakodate accepted his wish and built his family grave on a promontory, Cape Tachimachi, where commands a five view of Tsugaru straits. Many fans of Takuboku still visit the place commemorating the poet.

In Hakodate, you can find several monuments inscribed Takuboku's poems. I think it is a good idea visiting those monuments commemorating the poet's life in Hakodate

Takuboku park facing the Tsugaru staraits is one of them. はたらけど
はたらけど猶(なお)わが生活(くらし)楽にならざり
ぢつと手を見る

石川啄木(1886-1912)の短歌で特に印象に残っているものです。生活に困って悲しんでいるどうしようもなさが伝わってきて心打たれます。私の詩人、啄木のイメージはそんな貧しくてつらい生活を送り、26歳という若さで肺結核で亡くなった人、ですが、その啄木が132日間という短くもバラ色の時代を送ったのが函館でした。

函館の文芸愛好家たちは諸手を広げて啄木を迎えたそうで、函館を去ったあとも啄木は、函館の友人宛の手紙に「死ぬときは函館で死にたい」、と書き送りました。その願いを受けて、啄木の死後、津軽海峡を見下ろす立待岬に啄木一族の墓が建てられました。そこには今も啄木を愛する旅人が多く訪れています。


啄木が函館に住んでいた時に作った短歌は歌碑として函館のあちこちで見ることができます。そんな歌碑巡りをしながら文学散歩してみてはいかがでしょうか?

啄木小公園はそんな歌碑のひとつです。
スポンサーサイト

COMMENTS

函館のガイドポイント

こんにちは  このブログは参考になります。ありがとうございます。
札幌で英語通訳ガイドの勉強会をしている遠藤と申します。
長谷さんとランチした時に高橋さんのことが話題に。
すごく勉強していらっしゃいますね。
お近くならご一緒に勉強したいです。
9月の初めごろに数人で函館に1泊2日でガイドの勉強会に行きます。
歴史や文化を中心に勉強したいのですが、お勧めの場所を教えていただけたら嬉しいです。

Re: 函館のガイドポイント

遠藤様:
コメントありがとうございます♪9月のはじめに函館にいらっしゃるそうですね。先ほど長谷さん宛にメールを送らせていただきました。時間があえば是非ご一緒したいです。今のおすすめは外装完成した五稜郭の箱館奉行所ではないでしょうか。旧イギリス領事館はリニューアル後、まだ行っていないので私も興味津々ですo(^-^)o

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

>遠藤様
コメント拝見いたしました。良い考えが浮かびましたらまたコメント、もしくはメールお願いいたします(^-^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。