スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Joe Neejima/新島譲

Joe Neesima is one of the most important educators in Japan and is known as a founder of Doshisha University(同志社大学)in Kyoto.

When he was 22, he left Hakodate secretly for the United States of America. The then government, Tokugawa Shogunate had a national isolation policy and prohibited its citizens going in and out from Japan. But he was interested in the West and risked his life to board an American vessel named "The Berlin" in 1864.

He studied at Amherst College and Andover Theological College. He wondered why Christian countries in the West were so powerful and sought the secret of their power. He came back to Japan ten years later and taught Christianity in Japan.

His Japanese name was Shimeta, but the captain of the ship named him Joe, Joseph Hardy Neesima. Later he applied this English name.

You can find his statue on the way from redbrick warehouses to old pier. If you walk from the statue to Midorinoshima reclaimed land, you can find a monument which was erected to commemorate his departure. The monument is regarded as like a Mecca for students of Doshisha University





新島襄は日本の重要な教育者の一人で、京都の同志社大学の創立者として知られています。

22歳の時に、函館から秘密裏にアメリカに向けて旅立ちました。当時の政府、徳川幕府は鎖国をしており、日本への入国も出国も禁じていました。しかし新島襄は西洋に興味を抱き、命の危険を冒してまでアメリカ船ベルリンに乗船しました。1864年のことです。

彼はアマースト大学とアンドヴァー神学校で学びました。彼は西側キリスト教諸国の強さはなぜか知りたかったのです。10年後日本に戻ると日本でキリスト教を教えました。

本名は七五三太(しめた)ですが、彼の乗船した船の船長が彼にジョーという名前を与えました。その後、その名前、譲を使うようになったのです。

函館港に面した金森倉庫近くに新島襄の像があります。
スポンサーサイト

Tag : personage

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。